理容師さんのための情報サイト

明治40年創業の理容ディーラー
株式会社クロサキがお届け

育毛メカニズム シーズン2(頭皮環境と17型コラーゲン) 

この記事の目次

いつもご愛読ありがとうございます。

スマチャレ中の人のMASAです。

前回にひきつづき

育毛のお話を。

育毛までの道

薄毛を改善して育毛につなげていく

こちらが育毛までのストーリーです。

順を追って行うことによって育毛の効果が表れてきます。

 

STEP1 頭皮の状態を整える

頭皮の環境の良い状態でないと健康な髪は育ちません。

ですが、頭皮は日々様々なストレスにさらされています。

  • 紫外線による炎症
  • 洗髪料の洗い残しによる毛穴のつまり
  • 皮脂の酸化(過酸化脂質)
  • 染毛剤によるダメージ
  • 活性酸素を抑える

上記が、一般的に我々が日々抱えている頭皮のトラブル要因です。

頭皮環境を整え、正常で健康的な状態にすることが、

健康な髪を育てる土台作りの第一歩となります。

※活性酸素ってなに??

酸素を吸えばたいないで必ず発生するものです。

この「活性酸素=フリーラジカル」が増えすぎると細胞を酸化させ、老化

や病気の原因になってしまいます。

ちなみに、この活性酸素を抑えてくれる働きがあり

効果的な成分として

フラーレン

がおすすめです。

シャンプーなどに、このフラーレンが入っているものが、

特に頭皮環境を良くすることが期待できますね。

STEP2 17型コラーゲンの産生促進

加齢による脱毛の原因を根本から改善するには

17型コラーゲンを減らさないことが重要

人は年齢を重ねると薄毛や細毛のお悩みが増えていきます。

その原因は「サイトカインの不足」と「17型コラーゲン」の不足にあります。

特に老化などで17型コラーゲンが分解され現象していくと

髪の原料を生み出す毛根幹細胞を維持していくことが不可能となり、

新しい毛が生成されず、やがて毛根幹細胞自体が消失します。

17型コラーゲンは毛根幹細胞を維持するためには必要不可欠なのです。

※17型コラーゲンとは??

17型コラーゲンとは、表皮と基底膜を結合・接着させる

タンパク質のことで、毛包ではバルジ領域の毛根幹細胞に存在します。

ちなみに、

マジョラムエキス

マジョラムエキスが17型コラーゲンを産生促進させます。

17型コラーゲンは、人間のみ作り出すことができるコラーゲンなので

現在のところ、外部からの摂取はできません。

産生の手助けをする成分がマジョラムエキスということになります。

その他にヒアルロン酸量を増加させる働きもありますよ!

 

本日は、STEP1,2をお話しさせていただきました。

目的=育毛

に対して、それぞれのSTEPで、効果のあるものをしっかりと見極めて

お悩みを抱えている方に、処方をしてあげることが大切ですね。

皆様のお店にある商品も、それに該当する成分が入っているか

調べてみてくださいね!

 

 

 

この記事を書いた人