理容師さんのための情報サイト

明治40年創業の理容ディーラー
株式会社クロサキがお届け

ポリフェノールが薄毛に効果的!?

この記事の目次

どうも、MASAです。

今回は、

 

「やっぱり食べ物って大切!」

 

という話になります。

理美容からちょっと違う話よね??

と思った方

 

いやいや関係あるんです!

昔から、健康な髪の毛を生やすならば

 

わかめ食べろー

ひじき食べろー

 

とか、とにかく海藻系をたべると良いと聞いてました。

ミネラルがいいんだよー!とかなんですかね?よく知りませんがw

その他、いろんな食べ物が髪の毛に良いと、言われてきたと思います。

要するに我々の体は、たべたもので出来上がっているので、

外から育毛剤などをつけながらも、インナーケアもしっかりしていくべきなんですよね。

そんなところで、今日はやっぱりたべものって大切!ってことになりました。

ちなみにアデランスさんが2019年に書かれたこの記事も参照にしてみてください。

髪に良い食べ物・悪い食べ物とは?食生活と薄毛・抜け毛の関係性

 

 

ポリフェノールが薄毛に効果的

加速度的に

時代は進化していると思う今日この頃。

研究も色々と進み、統計データもとれてきて

薄毛に効果のある成分が分かったようなんです。

 

それが、ポリフェノール!

私全然知りませんでした。タハー( ;∀;)w

 

ポリフェノールの効果として

血流を促す効果があり、血流をスムーズにすることで頭皮の結構も良くなるため、

健康な髪の毛の育成につながってくるのです。

また、ポリフェノールには、活性酸素を取り除くとともに

頭皮の保湿成分を保ち、老いも防ぎ

髪やターンオーバーの乱れによって荒れてしまった

肌を治すことにも有用であることがわかったそうです。

ポリフェノールの中に含まれる成分

IGF-1」(インスリン様成長因子)が、

髪の毛を育てるために必要な物質を体内で増やす効果がある

という研究結果も出ております。

身の周りにあるポリフェノール入りのモノ

ポリフェノールと言えば、身の周りで言うと何がありますか?

赤ワインなど豊富に入っているイメージですよね。

個人的にワインは大好きです。

ワインに入っているタンニンもポリフェノールの一種です。

抗酸化力を持つことから、動脈硬化を防ぎ、生活習慣病予防にも効果を発揮します。

また、アントシアニンが豊富に含まれているので、

メタボ予防、糖尿病予防、視覚機能の正常化などの効果もあります。

飲む美容液!という感じですね。

 

もう一つ、ポリフェノールが豊富と言えば

カカオチョコレート

あまくておいしいチョコレート。

こちらにもモノによってはポリフェノールが多数含まれているものがあるんです。

テオブロミン(カカオ豆にしか含まれない成分)が髪やお肌が健康に育つサポートをします。

レスベラトールというメラニンの生成を抑える働きがある成分も入っています。

シミの予防やくすみの元を取り除く効果も期待できます。

 

ポリフェノールの摂取方法

 

美味しく取れて、こんなにも体に良い効果を持つポリフェノールを

一日約470mlくらい摂取すると良いといわれておりますが、公的な発表ではありません。

感覚を開けてこまめに摂取するのがおすすめとのこと。

ポリフェノールは水溶性の成分であり、水に溶けやすいのが特徴です。

そのため、体内で余ったポリフェノールは尿と共に排出されます。

体内の水分と共に吸収される分、比較的短時間で効果も出ますが、

持続性はさほど長くないです。

 

薄毛にきくというエビデンスから始まり、生活習慣病に効果を持つポリフェノール。

健康寿命を延ばすため、健やかなる髪の毛を生やすためにも

日ごろから意識的に摂取していきたいところですね。

ポリフェノールおすすめです!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人