理容師さんのための情報サイト

明治40年創業の理容ディーラー
株式会社クロサキがお届け

そもそも美顔器ってどんな仕組みなのか?

この記事の目次

代表のクロサキです。

我々ディーラーの元には、毎月たくさんの商品の情報が届きます。最近だと『美顔器』の紹介も増えてきました。しかし、正直私にはそれぞれの違いがよくわからなかったので、メーカーさんに時間を頂き『美顔器』について詳しく勉強させて頂きました。

今回は低周波電動美顔器「TILLET」の製造元の(株)渡久クリエイトさんにお話を伺いました。

 

美顔器メーカー(株)渡久クリエイト

美顔器メーカーさんというと『パナソニック』さんのように超巨大企業をはじめ、最近では『MTG』さんや『ヤーマン』さんなどが有名ですが、今回お話を伺った(株)渡久クリエイトさんは、創業以来30年以上美容機器の開発に特化して携わってきた国内のメーカー企業です。

社員の8割がエンジニアで占めており、開発・設計・製造を自社工場にて一気通貫で行なっており、ネジ一本から自社設計で日本製に拘って製造しているそうです。どうしても手に入らない海外の部品以外は国産の部品にこだわり、製品の80%以上が国産部品で国内自社工場での組み立てをしているそうです。

MTGさんやヤーマンさんと創業期はほぼ変わらないとのこと。マーケティングはちょっと苦手な、職人気質の強い会社なのかなっという印象を受けました。私はそういう企業は嫌いじゃないし、むしろ好きです。お話を伺いながら、「こういう企業の良い商品を紹介したいなぁ」と商売人の心に火がつきました。

 

【株式会社 渡久クリエイト】

設立  1991年3月21日
資本金 10,000,000円
業態  美容機器開発メーカー
所在地 神奈川県川崎市高津区久本3-10-9
事業軸 自社美容機器ブランド事業 他
主要取引先 ソシエ・TBC・ミュゼ・ラオックス・たかの友梨ビューティークリニック 他

 

顔のたるみは、頭皮のたるみから

コロナ禍で出てきた問題点として

  • マスク装備によるお顔のたるみ
  • 運動不足によるお顔や頭皮の不活性化
  • サロンに行けないことによるプロの施術不足
  • オンライン会議の増加

が挙げられます。10人に7人は、顔のしみ・しわ・たるみを気にしているというデータもあります。一方、コロナで自宅にいる時間が増えたことで、おうち時間の有効活用ができるようになり、自分の好きなタイミングで出来る自宅美容のニーズが高まってきているという状況でもあります。

また、頭皮のたるみが1mm改善されれば、顔のたるみは1cm改善されると言われているように、顔のケアだけではなく頭皮のケアもまた重要なポイントであり、最近では頭皮とお顔の両方のケアが必要だと言われています。

最近の美顔器は頭皮にも使えるタイプが多くなってきましたが、育毛効果を高める目的はもちろんですが、顔のたるみの改善の目的もあります。ヘッドスパメニューが美容室で人気なのもリラクゼーションだけではなく、お顔のリフトアップ効果も実感できるからです。これからはお顔と一緒に頭皮のケアも注目ですね。

 

イオン導入

 

さて、次に美顔器の機能について詳しくお話を聞いてきました。まずは『イオン導入』という機能についてです。『イオン導入』とは、マイナスイオン同士の反発の力を利用して、肌表面への化粧水の浸透力を高め、毛穴の黒ずみや保湿効果を高める効果が期待できます。コットンに化粧水を染み込ませてパッティングをしている方も多いかと思いますが、数値化するとハンドマッサージの約50倍の浸透効果があるそうです。

周波数が短いため、ピリピリっという若干の刺激を感じることもありますが、主に皮膚の表面に働きかける機能です。

よくお肌のバリヤ機能で水や化粧水は肌の奥まで入らないと聞きます。その通りです。このイオン導入はまさにそこです。表皮と言われる表面への効果を高めることに特化しており、決して肌の内部(真皮層以下)へ浸透を促進するわけではないということです。

しかし、肌の乾燥や毛穴の黒ずみは表皮のトラブルなので、イオン導入して化粧水をしっかりと表皮に染み込ませることは肌の保湿を保ち美しい肌を維持するためには、大切な機能だと思いました。イオン導入の際に使用する化粧水は、ビタミンCを含んだものがお勧めです。

 

 

エレクトロポレーション(POR)

 

次に『エレクトロポレーション』機能についてです。電気穿孔法とも呼ばれ、電気を流しているときだけ細胞膜に微小な穴を開け、有効成分を細胞内部に送り込みます。イオン導入より高分子な美容液(プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸など)を浸透させることで、週1回程度の使用でシミ・美白効果が期待できます。

これはお顔はもちろんですが、頭皮の育毛に非常に効果が高いと言われています。図を見てもわかるように毛根までしっかりと有効成分を浸透させることができます。通常だと毛穴をきれいにしてそこから育毛成分を浸透させると言われていますが、このエレクトロポレーション機能を使用することで、育毛剤を毛根にしっかりと届けることができます。

しかし、肌のバリヤ機能を破って肌の内部まで浸透させることができるが故に、パラベンをはじめとする不要な成分が入っていない美容液の使用をお勧めしたいです。やはり肌や頭皮に良いものだけをしっかり浸透させたいですよね。

エステサロンでは、業務用のエレクトロポレーションの機械を使用して美容成分を肌の内部に浸透させています。それを自宅でできるということはすごいことです。ほとんどの美容成分は、肌のバリヤ機能によって内部(真皮層以下)には浸透していきません。

イオン導入はパッティングの50倍の効果があると先ほど書きましたが、エレクトロポレーションはイオン導入の20倍の効果があると言われています。つまりあくまでイメージですが、ハンドマッサージの1000倍です。美容機器の効果を実感できる機能の一つだと感じました。

 

電気筋肉刺激(EMS)

「EMS」は、「テレビを見ながら腹筋効果を得られる」と謳っているダイエット機器でお馴染みの、電気により筋肉を刺激し動かす機能です。筋肉へ直接的に電気を流し他動的に表情筋などの筋肉を動かすことによって、リフトアップやシワの改善をしたり、頭皮表面へ刺激を与えることによって頭皮を柔らかくする効果が期待できます。

EMSで注意したいのは、マッサージ効果はあるのですが美容液などの浸透促進効果はほとんどないということです。美顔器の購入の際には、EMSによるマッサージ効果を期待するのか、エレクトロポレーションやイオン導入などの美容成分の浸透促進の機能を求めるのか、どちらの機能を求めるかによって決めることが重要です。

今回ご紹介しているTILLETはその両方の機能がついているので、今回注目しました。

 

 

RED LIGHT(RED LED)

赤色LEDライトコラーゲンの生成を促進します。コラーゲンマシンなどで使われているライトと同じ620~632n/mの可視光線を使用しています。肌のターンオーバーを28日周期の正常にする働きや、育毛効果を期待できます。この機能はボタンを押すだけなので、エレクトロポレーションなどの他の機能との組み合わせがお勧めです。より効果を高めることが期待出来ます。

他社の美顔器には、青色LEDを搭載している機械もありました。青色LEDは、肌の炎症を抑える機能があります。当然、搭載した方がより幅広いメニューが期待できますが、赤色LEDでターンオーバーの正常化やコラーゲンの生成を促していれば、肌の炎症を抑える機能は不要なのではないか?という観点からTILLETには搭載しなかったようです。また、青色LEDを搭載することも可能でしたが、その分コストも上がってしまうので敢えて搭載しなかったとの開発の裏話を聞かせて頂きました。

 

バイブレーション機能

TILLETにはバイブレーション機能も付いています。毎分8000回の微振動がトリートメント効果を上げ、化粧水や頭皮ケア剤のパッティング効果が期待できます。しかし、バイブレーション機能を使うとEMSやエレクトロポレーションの刺激が実感できないことがあります。

使用初期は、バイブレーション機能は使わずにEMSの刺激を体感しながら使用して、慣れてきたら徐々にバイブレーション機能も追加して使用すると良いと思います。

色々な説明を聞いているうちに、バイブレーションはあくまでおまけのようなもので、イオン導入やエレクトロポレーション、EMSなどの単体の機能だけで十分効果はありそうです。バイブレーションを使うと電気の刺激が分かりずらくなるので、慣れてきた際にお好みで使う程度でも良いのかなぁと個人的には感じました。

 

 

今回は機能面の検証を行いました。正直、私自身も美顔器に関する知識がほとんどなかったので、今回詳しく調べることで最新の美顔器の性能の凄さを知ることが出来ました。

今回の検証結果を知ったら、機械を使わずに高価な美容液や化粧水や育毛剤を使うことに疑問を感じてしまいました。絶対機械を使った方が効果はあるでしょうね。しかし、正しい使い方を知らなければ宝の持ち腐れ。

実はまだまだ色んなことを教えて頂きました。今回は書ききれなかったので、次回は使用方法について書きたいと思います。

この記事を書いた人