理容師さんのための情報サイト

明治40年創業の理容ディーラー
株式会社クロサキがお届け

ベーシックカット講習『DJ(凸塾)』

この記事の目次

代表の黒崎です。

弊社で開催しているカット講習『DJ(凸塾)』の10期目が間もなくスタートします。10年間の間に多くの受講生の方々が巣立っていきました。本質を求めるベーシックカットの世界観を、大塚塾長に伺ってみました。

 

 

今期の【ベーシックカット】セミナーのお知らせです😃
皆さま、わたしは【カット】が好きです。
この道に進んだのも、子供の頃に目にした、ヴィダル・サスーンのヘアカットのデザインに、衝撃を覚え、心を掴まれたからです。
(家業が理美容で、店内にVSの作品の写真が飾られていた)
もともと想像したものを創造するのが好きで、絵を書いたり工作したりが得意な方でしたので、髪を切ることで、様々な髪型を造形するヘアカットに、自然と面白味を感じるようになり…
実際に美容師になった訳です。
そしてこの仕事に就き、人の髪をカットしてみて、わかったことがあります。
「俺はカットが下手クソだ…」と言う事実…(涙
そうなんです、、
カットがめちゃくちゃ好きなのに、カットがめちゃくちゃ下手でした、、、
スタイリスト駆出しの頃は、ご要望のイメージよりも、余計に長さを切り過ぎたりして、お客さまにお叱りを受けることもたまにあり…
いや、、よくあり…
自信を無くし、落ち込み、クヨクヨする、、そんな夜を過ごすこともよくありました。
ですが!
そこはカットが大好きな自分「思い通りにヘアデザインを作れるようになりたい…」
そう、落ち込んでいても仕方ない、前に進むのだ!!
そんな一心で、カットのセミナーに通い出すことになります。
興味をもったセミナーには積極的に参加し、自分で言うのも何ですが、けっこう努力していたと思います。
そのおかげか、徐々にカット技術も向上し、徐々にお客さまから、ご支持をいただくことも多くなり、徐々に仕事が楽しいものになって行きました。
そして何時からか。。。
「このカットの楽しさを、カットで悩んでいる人に伝えたい」と考えるようになり、
やがて、自ら志願し、当時勤めていたサロンのカットのトレーナーに就任します。
(当時は、そういったトレーニングのシステム自体が無かった)
「よし!カットの楽しさを伝えよう!!」
はじめは、意気揚々と張り切り、準備万端でのスタートとなりましたが、、
実際、それを【伝える・教える】ことはとても難しく、幾度となく壁にぶつかることになります。
その度、自作(手書き)の”カットマニュアル”を見直し、新たに作り直しては、また見直して…
それを繰り返しているうちに【ふと気がついた】のです。
「カットのマニュアル化は不可能だ…」
そうなんです、カットはマニュアル化できるような、単純で簡単なモノでは無かったのです。
もし、カットの全てを完全マニュアル化しようとしたならば、、、
「何百、何千、何万、膨大な数のページ数になってしまう…(汗)」
首から上だけでも、頭の形(骨格)、髪質、毛流、重力、顔立ち、顔型、生活パターンなどを踏まえ、ひとりひとり皆違うベース・素材に、デザイン設計し、当てはめて行かなければなりません。
それだけでも膨大な情報量なのに、さらに、ファッション傾向、ライフスタイル、体型(骨格)、その時の氣分、時代性なども盛り込んで、デザインを考え、カタチにしなければならず、、
当時の自分は【パターンや決まった型に当てはめ、まとめることは無理】と言う結論に至りました。
で、悩み考えた訳です。。。
そして、導き出された答えが「基礎を見直そう」でした。
そこからまた、もう一度、基礎を学ぶために【ベーシックカット】のセミナーに通いはじめます。
で、なんとな〜く気づいたのです「以前に学んだ時と、何かが違う…」
そう【見えている・感じている】何かが違うのです。
そして、約一年のベーシックカットセミナーが終了する頃には、何かを掴んだ自分がいました。
カット技術もより向上し、より自由度が増し。。。
「掴んだモノを誰かに伝えたい」と思うのですが、それを上手く言葉で伝えることができず、、
「どう伝えたら…?」の想いだけがグルグルまわり、モヤモヤとするばかり…
「いったい、どうすれば良いのか…」悩みに悩んだ挙げ句、出た答えは。。。
「もう一回、基礎を見直そう」でした(笑)
そこからまた一年、、
そしてもう一年、、、
けっきょく三回、三年間、みっちり基礎を練り込んだことになります。
そして、わかったのです。。。
「カットに切り方、やり方、決まりは無い、何でもアリ」
カットはすごく自由なもので、自由に自分の仕事を表現できるツールであり、「誰かが教える通り、教科書通り、パターン通りに身につけるのはちょっと違う」と確信しました。
そして、その確信をもち、勤めていたサロンのミーティングで提案したのです、、
「スタッフの教育には【ベーシックカットが最も重要】、今一度、基礎を見直しましょう」
ですが、、 返ってきた意見は。。。
「ベーシックなんて古い技術、今更使えないし役に立たない」と言うものばかりでした…
まぁ、、当時は、カリスマ美容師ブーム全盛期…
しっかり【切ること】よりも【削ぐこと】
正しい【鋏の開閉】よりも【鋏を振り回すこと】
理論を【理解すること】よりも【感覚的になんとなく】
【誠実さ】よりも【ノリの良さ】
そんな時代でしたので、致し方ありません。。。
が、そんな中、ある一人の人物の登場により、この業界に大きな時代の変化が訪れます。
そして、その変化の恩恵を多大に受け、自分のカット技術は、より深まりより向上し、、、
さらに、それを言葉で伝える方法も身につけることができました。
そして【凸塾・でこじゅく】が始動することになります。
そこから約10年。。。
「カットが上手くなりたい、思い通りにカットしたい…」そう思う人に、カットの基礎【原理原則】核心の部分を伝えさせていただいています。
時代とともに、ヘアデザインやファッションなどの流行が変わっても、ヘアカット核心部分である【基礎】は、変わる事がありません…
そして、ベーシックカットを自身で取り組んで行けば行くほどに、のスキルは、高まり、深まり、広がって行くのです。
「骨格に対し、髪がどう落ち、その毛先がどう形をつくるのか?」
すごく単純で簡単に思える問いですが、、、
シンプルなモノほど奥深く、いつまでも追求して行ける、終わりの無いモノ…
わたしはそう思います。
~もっと自由に、もっと楽しく、自分だけのオリジナルな仕事のための礎を築く~
「自分にしか出来ない仕事を、一生をかけて追求し、楽しみたい!」
そんな想いをお持ちの方…
凸塾でお待ちしております。
大地に、深く広く根をはることが出来なければ、きれいな花は咲くことがありません…
ラッキーな事が重なり、偶然に花を咲かせることもあるかも知れませんが、花はすぐに散ってしまい、もう一度、花を咲かせるかどうかは運まかせ…
大地に、深く広く根をはれば、そこからエネルギーをしっかりと吸収ができ、きれいな花を咲かせることができます。
もし、花が散ってしまったとしても、また時期が来れば、再び花は咲くでしょう…
カットの基礎『原理原則』を、しっかりと腑に落とし、自分で身体を動かして、基礎技術を繰り返し練り込み、それを体得することができたならば…
自分自身で、自分の技術力の根を、より深め、より広げて行くことが可能になり、一生、自分を伸ばしつづけ、自分らしい仕事の確立へとつながります。
旬が過ぎたら散りゆくのか…
旬に関わらず花を咲かせるのか…
髪を造形・デザイン・カットすることを、ずーっと楽しみましょう!

凸塾塾長・大塚英志
2021年度、deco塾
・ベーシッククラス 全8回【全日程 月曜日】
9/13 10/18 11/15 1/17 2/21 3/14 4/18 5/16
時間:12:00〜18:00
講習費:¥70000
定員:8人
講師:山崎俊明・荒井弘行
・アドバンスクラス 全5回【全日程 火曜日】
9/14 10/19 11/16 1/18 2/22
時間:12:00〜18:00
講習費:¥50000
定員:8人
講師:大塚英志・荒井弘行
*お申し込み、お問い合わせ、会場
(株)クロサキ 〒320-0844 栃木県宇都宮市菊水町12-7 TEL/028-636-5828

この記事を書いた人