理容師さんのための情報サイト

明治40年創業の理容ディーラー
株式会社クロサキがお届け

3人の自分

この記事の目次

代表の黒崎です。

東京オリンピックが閉幕しました。開催前から賛否が多かった異例のオリンピックですが、様々な立場からの意見がある中で私は個人的にスポーツ観戦が好きなので,選手から多くの感動と勇気を頂き、開催できて良かったと思いました。

また開催にあたって尽力された方々には、心から感謝と敬意を表したいと思います。

 

JOC エリートアカデミー

さて、今回のオリンピックを見ていて思ったのですが、選手は人生の大半をトレーニングに費やしてきました。JOCエリートアカデミーという言葉を何回か聞きましたが、日本のトップ選手が集められた国の育成機関があるんですね。そこに全国から選ばれた優秀な選手が集められて、金メダルを獲れる選手を育てているようです。

オリンピックとは全く無縁の我が家では、そのような機関があることすら知りませんでした。

そんなオリンピック選手を見ていて、ちょっと気になったことがありました。スポーツ以外の経験や知識はどうなのかなぁと言うことです。開会式でも「オリンピアンたちが引退後も活躍できる環境を整える」といった活動をしている方のコメントがちょっと心に引っかかりました。逆に言うといままでのオリンピアンたちは、引退後スポーツ以外を知らないので一般社会に適応するのに苦労していたということなのでしょうね。

勝利や金メダルは目標です。もちろん目指すことには意味があります。しかし目的を見失ってはいけないような気がします。今回の日本の選手団のコメントを聞いていて、日本は技術や知識だけではなく精神も育んでいるのだなぁと感動する場面も多々ありました。一方、海外の選手のコーチとのトラブルなどのニュースを聞いて、世界にはまだまだ結果主義の国が多数あるのだろうと思いました。

 

ワークライフバランス

とはいっても、私はオリンピック選手ではないので、偉そうなことを言って大変申し訳ございません。あくまで私見です。しかし、学ぶべきことはたくさんあると思います。仕事にも同じことが言えるような気がします。

昨今「ワークライフバランス」と言う言葉をよく耳にします。仕事と生活のバランスを取るという意味かと思い調べてみましたがもう少し深い定義があるようです。

政府広報オンラインの定義によると、ワーク・ライフ・バランスとは「働くすべての方々が、『仕事』と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった『仕事以外の生活』との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方」のこと。仕事がうまくいっていると私生活でも心のゆとりを持つことができ、また、私生活が充実することで仕事のパフォーマンスも上がるという好循環を目指します。

この「ワークライフバランス」実現のために働き方改革は始まったのですが、労働時間の短縮や賃金の見直し、育児休暇の取得や有給休暇の消化など条件面ばかりが注目されていて、目的が見失われていないか心配になります。

 

3人の自分

『仕事と家庭の両立』と言われますが、私はちょっと違和感を感じます。私自身が感じたのですが、職場に行くと「社長」という立場であり、家庭に帰ると「父親」をいう立場があります。どちらもその立場に応じた意思決定や立ち居振る舞いが求められます。

しかし、ふと思ったのですが、本当の自分はどこにいるのでしょうか?社長でも父親でもない「黒崎英典」という一人の人間を意識する時間も必要だと考えています。

弊社の人事理念には「バランスの良い3人の自分」という考えがあります。仕事・家庭・個人それぞれのバランスが均等であることが幸せな状態だと考えています。

ときに仕事の比重が高くなるときもあるでしょう。しかし、そういうときは家庭もしくは個人の比重は低くなっているはずです。

家庭の比重が大きくなるときもあるでしょう。介護や育児で問題があると仕事に身が入らなくなったり、個人の時間もなかなか取れなくなってしまい大きな事件につながってしまう例も少なくありません。

長い人生、それぞれのバランスが崩れることもあるかと思います。しかし、常に『3人の自分』を意識してバランスが崩れていることを自覚することが大切だと思っています。

理容師さんは自宅でご両親や夫婦で仕事をしている方が多いので、この『3人の自分』という観点で生活を見直してみるのも面白いかもしれません。

 

濡れパン&緩パンセミナー決定!!

東京バーバーズとしても活躍されている濡れパンの生みの親、延陽介氏と、理容競技大会世界チャンピオンの飛田恭志氏のコラボレーションセミナーを開催します。

 

令和3年 9月28日(火)

第1部 10:00~12:00
『濡れパン 延陽介氏』

第2部 13:30~15:30
『緩パン  飛田恭志氏』

定員
リアル    20名

オンライン  50名(ZOOMにて配信予定)

会費
リアル   5,000円 

オンライン 3,000円

会場  クロサキスタジオ
    栃木県宇都宮市菊水町12-7
    最寄り駅 JR宇都宮駅 タクシーで15分
         東武鉄道 南宇都宮駅 徒歩5分

 

それぞれモデルをご用意して濡れパン・緩パンの技術解説をして頂きます。詳しい内容を書こうと思ったのですが、前回延陽介氏をお招きした際には、「とにかく現場主義!会場の雰囲気に合わせてひたすら語り、技術を惜しみなく披露する講習」といった感想でした。

 

きっと今回もシナリオのない行き当たりばったり感満載の講習になるのではないかなと思っておりますし、その方が面白いのではないかと思っています。

半日たっぷりの長丁場となりますが、今注目のアイロン技術を学ぶ上では貴重な時間となること間違いなし!!世界チャンピオン、飛田恭志氏の超絶アイロンテクニックも必見です。

本日より予約受付を開始します。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

 

 

この記事を書いた人