理容師さんのための情報サイト

明治40年創業の理容ディーラー
株式会社クロサキがお届け

【 濡れパン と 緩パン 】理容室の流行メニューを追え。

この記事の目次

どうも、

スマチャレ中の人のMASAです。

先日、いつも良くしていただいている千葉の飯島先生から

声をかけていただきまして

巷で有名なオタクセミナーのモデルとしてお邪魔させていただいてきました。

今回は、

オタクセミナー×東京barbers

のコラボレーション企画で

講師は、東京barbersより2名いらっしゃっておりました。

こちらも業界ではもはや、いま一番旬な方

濡れパンの仕掛人の延さん

そして、もう一人は

言わずと知れた

理容世界チャンピオンの飛田さん

こちらの2名がメインで講習をしてくださってました。

今回、私は飛田先生がやる

【緩パン】のモデルになりました。

ここで解説。

 

濡れパンとは

こちらの言葉は、SNS等でも聞かない日はないくらい

出回り始めていますね。

 

2019年ごろから、延さんが発信している

サイドをフェードカットした、残ったトップに

パンチパーマの現代版とでも言いましょうか

このようなきつめのアイロンパーマをあてたヘアースタイルのことを指しております。

短髪の直毛の方でも、こんな感じにきっちりした毛流れを作って

ポマードやジェルにてつやを出しながらスタイルを作るともう濡れパンの完成です。

このモデルさんは16歳でしたが、学校でも濡れパンが流行っているそうです。

流行は30年周期で回るといいますが、まさにというところでしょうか。

ちなみに延さんの講習会用の準備物を写真撮っておきました。

 

緩パンとは

名前の通り、濡れパンに比べるとカールが緩いパーマのことを

指します。

今回私は緩パンを味わってきました。

一応 こちらがBefore

もともと、全体的にくせ毛でして、まとまりがつかなくスタイリングがむつかしい髪でした。

さてさて、では実際に施術に入ってまいります。

今回の薬剤はチオのクリームタイプを使っておりました。

 

こういう直径8mmのレンツのデジタル丸アイロンを使って、全体的に熱を入れていきます。

こんな感じに、【土管】と言われるロッドのような径のカールを形成していきます。

根元から、飛田先生は「1、2、3、4、5」

のリズムでカールを形成されていました。

根元からなのに、全く熱くなかったのが意外でした。

それで、全体的に形成したら、

2剤の過酸化水素を塗布し、3分放置!(※コールドパーマに比べて超短時間!)

はい、完成

After

 

こちらが、飛田先生の緩パンです。

初めてのアイロンパーマ。

初めての緩パン。

とにかく、ロッドのパーマより、早いと思います!

熱によるダメージはもちろんあると思いますが

全然手触りはわるくないですしね!

ちなみに、飛田先生はアイロンの温度は180℃設定でかけているそうです。

 

すっごく面白い講習会でした。

そして、私のように毛流れも散らばり癖もある髪には、

とっても理想的なパーマな気がします。

毛流れが出来上がっているので朝が楽。

濡らさずに、セットするのが簡単。

基本的に、アイロンパーマなので、濡れている時より

乾燥しているときにリッジがでる。

※もともとムースよりもワックス派なので、ワックスとの相性がよいところ。

とまあ、結論ですが

メンズで爆発的にはやっている理由がわかりました。

濡れパンは一部のアングラカルチャー的な要素を持つファッションなので

万人受けするかはむつかしいところですが、

緩パンは、どの年代、どの層にも導入しやすく

薬剤の進歩もあり、ダメージも最低限で済むところからもっともっと

流行ってもいいと思いました。

 

おかげさまで、この日に使ったレンツデジタルアイロンも

かなり売れております!

また、スマイルチャレンジでは

濡れパン、緩パンに推奨のお薬を用意しております!

リスペクツ商品のパーマ剤

グリシス、リボルバー

さえあれば、濡れパンも緩パンもどちらも使うことが可能!

 

 

ブリーチ毛だって、濡れパンで攻められますよ!

まだまだ、アイロンパーマなんて古いと思われている方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

そのアイロン技術を生かして、今の流行に乗ってみたほうが良いと思います。

理容業界に久しぶりに来ている

このビックウェーブに乗らないのはもったいない!

講師の方々も口々におっしゃってました。

柔軟な若い理容師さんたちは、もう波に乗ってきている。

なんなら、美容師さんも取り入れているところも出てきています。

くすぶっているとあっという間に取り残されてしまうよ。。

と。

 

興味のある方は、スマイルチャレンジに会員登録の後

 

商品カテゴリーで濡れパンを見つけてください!

関連商品をご用意してありますよ!

今回の講習にお声をかけてくれました

飯島先生ならびにオタクセミナー主催の皆様と

東京barbersの先生たちに感謝!

 

 

 

この記事を書いた人